« パンアメリカン2万マイルのスペシャルな599GTBフィオラノの壁紙・スクリーンセーバーはすばらしい。 |メイン| ローソン限定フェラーリミニカーキャンペーン第2弾!10月10日スタート! 今回はF1だ! »

2006年9月16日

フェラーリがF1に初めてリヤウイングを持ち込んだ画期的マシン「312」。ブルムの43サイズです。 



brumm 312 No26 1/43.jpg

3リッター12気筒から「312」と命名。1968年のフェラーリのF1マシン。フェラーリにおいても、F1グランプリにおいても特別なマシンです。

カーナンバーは26。ジャッキー・イクスが1968年7月7日第6戦フランスGP(ルーアン)に出場した時のマシン。予選3位そして決勝1位。

このマシンが何故特別かというと、「312」がF1グランプリで初のリヤウイング装着マシンなのです!

フェラーリは1968年の第4戦ベルギーGPで、この「312」のドライバーのすぐ後ろにリヤウイングを装着。

そして、第6戦フランスGPで「312」は優勝したのです。

グランプリに革命をもたらしたこの「312」のリヤウイング。他のチームもこのウイングをコピーし、空力を意識するようになっていった。ここからF1の空力戦争が始まったといっても過言ではなないのです。だから特別なのです!

投稿者 shigeo : 2006/09/16 | 【category:ミニカー(いろいろ)】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/155

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.