« 第13戦 ハンガリーGP決勝 波乱の決勝、フェラーリに奇跡起こらず。バトン(ホンダ)が初優勝。 |メイン| エンツォの紫のインクが復活。手に入れるチャンスは今だけ。お早めに! »

2006年8月11日

ランチア・テーマ8.32のエンジンはフェラーリのエンジンである。



はい。確かに。

「ランチア・テーマ8.32」という車のエンジンはフェラーリのV8エンジンです。

「8.32」と言っても、V8の3.2リッター(フェラーリ328のエンジン)ではなく、V8の32バルブという意味です。

テーマに搭載されているエンジンは、308GTB/GTS QV(クアトロバルボーレ=4バルブ)に使用されていた、「3リッターV8エンジン」です。チューニングも施され、308とは別物です。燃料供給装置、クランクシャフト、ピストンに改良を加え、パワーは下がりますがトルクは上がっています。

これは、FIATとフェラーリ、ランチアの協力体制のもと実現した車です。

当時、ランチアは「ランチア・テーマ・フェラーリ」という名前で発表したかったらしいのですが、エンツォが「フェラーリ」の名を付けることに関してどうしても認めず、「ランチア・テーマ8.32」という車名になったと言われています。

プランシングホース(跳ね馬マーク)ももちろん許可されず、唯一、フェラーリらしさを感じさせるのは、エンジンのカムカバー(?)部分に「LANCIA by Ferrari」の文字があることだけでした。
ディーノにさえプランシングホース(跳ね馬マーク)を認めなかったエンツォですから当然といえば当然ですかね。

実車の画像や試乗レビューは、「ねこぐるま日記」さんのブログでどうぞ。

有入車カタログページはこちら。

ランチアオフィシャルサイトはこうちら。

私は、フェラーリミニカーコレクターですが、ランチア・テーマ8.32のミニカーはコレクションしていません。純粋なフェラーリのみをコレクションしています。実は、フェラーリは自社のマシン以外にもエンジンを提供しているのですが、そこまでコレクションの幅を広げると大変なので、泣く泣く除外しています。そう言いながら1992年にスクデーリア・イタリアにエンジン供給していたマシン「スクーデリアイタリア192」のレジンモデルは所有していますが・・・。

フェラーリコレクターとして有名な「世界のヒラマツ(平松潤一郎氏)」ほどではないにしても、多少の財力があれば多分これらのフェラーリエンジン搭載車のミニカーもコレクション対象としているとは思うのですが・・・。

投稿者 shigeo : 2006/08/11 | 【category:ロードカー】【category:トリビア】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/93

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.