« ホットウィールのフェラーリヒートはフレイムスがいいよね。もちろん5車種フルコンプ。 |メイン| 第12戦 ドイツGP予選 フェラーリ好調!アロンソとのポイント差を縮められるか? »

2006年7月29日

ブルネイ国王が持ってる「フェラーリF90」って知ってる?F90って言っても「ガンダム」ぢゃあないよ。



フェラーリF90って知ってますか?

フェラーリテスタロッサをベースに制作されて1989年の東京モーターショーで公開されていたかもしれないモデル。

そう、この時点でお気づきの方もいるはず。「ミトス」と生い立ちが似ていますね。

当時ピニンファリーナに在籍していたデザイナーのエンリコ・フミア氏がデザインしたのがこの「F90」。実はミトスの対抗馬としてデザインが進められていたようです。しかし、残念ながら「ミトス」が採用され、「F90」はお蔵入りに。個人的には「ミトス」の方がデザイン的には好きです。「F90」ごめんなさい。だって、どうもあのサカナを連想させるぬめっとした顔に馴染めないんです。

しかし、もしここで「F90」が勝ち残っていれば、タミヤ模型は「ミトス」ではなく「F90」のプラモデルを作っていたのかも?

「捨てる神あれば拾うブルネイ国王あり」ってことで、このデザインを気に入ったフェラーリエンスーのブルネイのスルタン国王が、エンリコ・フミア氏に依頼して、512TRベースで制作してもらったそうです。さすがリッチな国王。ちなみにしっかりミトスも特注したそうです。

ブルネイ国王については過去記事をどうぞ。

ちなみに、このエンリコ・フミア氏は、アルファロメオの164やスパイダー、GTV、ランチアイプシロンをデザインした人だそうですよ。

フェラーリのミニカー好きな人にとっては、以前から知っている人もいたでしょう。何故ならブルネイ国王の特注フェラーリは実車よりも、ミニカーでその存在を知ることの方が多かったりしますからね。実車の雑誌では、なかなかブルネイ国王の車は紹介されないけど、ミニカー雑誌では紹介されますから。

それで、何故、今頃騒がれているかと言うと、今まではブルネイ国王との約束で公にできなかったらしい。しかしスクープ写真が流出したのを機に、フェラーリ、フミア氏、スルタン国王が話をしたんでしょうね、昨年頃のフェラーリ公式の書籍に掲載されたらしいのです。ついに「幻のF90」がフェラーリ公認として紹介されたってことですね。

▼画像は下記のサイトでどうぞ。

ピッコリーナのF90のミニカーのページ

外国のポスターショップのサイトのほうがスタイリングがわかりやすいかも。

投稿者 shigeo : 2006/07/29 | 【category:ロードカー】【category:トリビア】【category:トピックス】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/125

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.