« 日本未発売か?イギリスで購入したHW(HOTTUNERZ)360GT |メイン| フェラーリ公式「599GTB Fiorano」スクリーンセーバー&壁紙 »

2006年2月24日

フェラーリ360スパイダー「DROPSTAR」。アメリカって感じ?



フェラーリ360スパイダー


DROPSTAR HOTWHEEL



画像はトイザラスで購入したホットウィールフェラーリ360スパイダー。DROPSTARというシリーズ。カラーバリエーションは、レッド・シルバー・ブラックの3色。マテルはアメリカの会社だけあって、ホイールに大口径のアルミを履かせたようなイメージとかしてるんですね。個人的には(?)なんですが・・・。やっぱり購入しちゃいます。しっかりとマテルの戦略にはまってしまったコレクターの一人です。

2/22付の記事中の「HOTTUNERZ 360GT」のサイズとほぼ同寸。1/43と言ったところでしょう。

こちらはスパイダーなので、シートもしっかりと塗りわけされてます。ヘッドライトがタンポ印刷(?)のようでクリアパーツではないのが残念だがホットウイールですからあきらめましょう。

ちなみに、どういうわけかブラックボディのみヘッドライトの部分の模様が違う。何故だろう? 意図的なのか? もしやミスプリント? (下段左画像をクリックして拡大画像で確認してみてくださいね。) 次に見かけたときに確認しようと思っていたのだが、なかなか店頭で見られなくなってしまった。

さて、みなさんは、ミニカーをどのようにコレクションしているでしょうか?
パッケージから出さずに透明ケースやブリスターパックのまま飾っているでしょうか?
あるいは、パッケージから取り出し、コレクションケースに飾っているでしょうか? その場合、外箱や透明ケースは保存していますか?

私は、以前はケースのまま飾っていました。

たいていのモデルが台座が黒のプラスチックで上部に透明のケースがついているものでしたから。

ところがあれこれ買い始めるとそうではないものも多々あります。

昔のマッチボックスなどは紙の外箱で、当然出さなければ中は見えない。そこで取り出す。いつも見えるところに置いておきたくなる。ホコリがかぶる。コレクションケースを準備する。他のミニカーもいつでも見えるようにしたくなる。

ホットウィールも買い始める。ブリスターパックは飾りにくい。実際にミニカーに触りたくなる。コレクションのブリスターパックを1台また1台とバリバリっと破りはじめる。台座からドライバーで丁寧にビスをはずし始める。

その後には、ブリスターパックの残骸と黒い台座と透明ケースの山・・・・。これが結構な量。うちの奥さんが見ている。悩む。捨てられない。丁寧にしまわれる。場所もとる。

しばらくすると、またミニカーを購入する。外箱から取り出し台座もはずしミニカーはコレクションケースへ、箱は丁寧にしまわれる。

これを何度か繰り返し、ある年の年末の大掃除で、ついに決断する。

「箱、取っといても結局しまってるだけか・・・・。」

ついにパッケージ(外箱・台座・透明ケースなど)はゴミ箱へ。本来、転売する目的でもないし、ミニカー本体が好きなわけで、パッケージに執着心があったわけではない。メーカーの型番なんかも気にしないし。まぁ、いいかってことで・・・。

その後、コレクションケースに収まらなくなる事態が起こるとは思っていなかった。

ダイドーデミタスコーヒーのキャンペーンや京商がサンクス・サークルKキャンペーンするし、イクソもホットウィールも怒涛のごとく新製品出してくるし・・・。うれしい悲鳴です。

しかし、こうやってネットで自分のコレクションを公開するようになるとは・・・・。パッケージがあればもっと詳しく説明できるのに・・・・。時すでに遅し。買った時のことも記録しとけばよかった。価格とかも・・・。

と、思いつつ先日もブリスターパック、バリバリっ。 ごみ箱へ。 やっぱりミニカー本体が大事だよね!

ちなみに、ミニカーコレクションのページでも少しずつミニカー紹介しています。

投稿者 shigeo : 2006/02/24 | 【category:1/43】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/40

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.