« フェラーリのe-CARD作っちゃいました。結構いいと思わない? |メイン| 日本未発売か?イギリスで購入したHW(HOTTUNERZ)360GT »

2006年2月19日

フェラーリのF1ドライバーで契約金が車だったドライバーがいる



はい。確かに。

それは、1951年に「375F1/51」をドライブしたアルゼンチン人のフロイラン・ゴンザレス(愛称はペペ)です。

当初は600万リラで契約しましたが。後にエンツォからシャシーを1台渡され、カロッツェリア・ビニャーレ製の特注ボディを架装しました。

エンツォには現金がなく、フェラーリの車が契約金代りとなったのです。

しかし、最終的にその車は600万リラ以上の金額で売れたそうで、ゴンザレスにとっては良かったのかもしれません。

ちなみに、フロイラン・ゴンザレスは1951年のイギリスGP(シルバーストーンサーキット)で、当事無敵だったアルファロメオを破り優勝しました。しかも、フェラーリにとってこれがF1GPでの初優勝でした。そして、アルファロメオはこの年限りでF1GPから撤退してしまったのです。

エンツォはもともと、アルファロメオのドライバーとしてレースに参加しており、独立して興した「フェラーリ」でついに直接対決で初勝利を上げたのです。

エンツォの台詞(セリフ)で有名な「私は自分の母親を殺してしまった。」は、このGPでアルファロメオを破った際の言葉です。

投稿者 shigeo : 2006/02/19 | 【category:トリビア】 | アカクテハヤイフェラーリF1のRSSについて

この記事についてTwitterでつぶやく





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.akakutehayai.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/37

Copyright (C) www.akakutehayai.com All rights reserved.